障害物や狭い空間でも施工が可能になる敷設工法 | ボックスベアリング横引き工法
コンクリート構造物の診断・メンテナンス
TOPページ 会社案内 業務案内 メンテナンス業務 土木工事業務 施工実績 お問合せ
TOP > 業務案内 >土木工事業務 > ボックスベアリング横引き工法

ボックスベアリング横引き工法
ボックスカルバートを所定の搬入口より吊りおろし、ベアリング(鋼球)とウィンチまたは移動機械によりレールに沿って牽引し、ボックスカルバートを敷設する工法です。障害物がある場所や狭い空間でも敷設が可能です。
ランデス特殊工事では、ランデスグループの一員として提案から施工まで責任をもって行います。
ランデスの工法紹介ページはこちらから

参考断面図

特徴
1.施工ヤードが1箇所
クレーンは移動せず、1箇所で製品を吊り降ろして施工できます。
工事現場の上部に電線、高架などの障害物があっても工事が可能です。
2.ウィンチで容易に移動
レール上に設置されたベアリング(鋼球)上に製品を設置し移動します。
3.掘削幅が狭くてよい
交通規制が少なくてすみます。
4.短工期
製品吊り降ろしと移動・設置が別工程でできるため、工期の短縮が可能です。

施工の特徴
基礎コンクリートにレールを設置します。
レール内にベアリング(鋼球)を設置します。
ボックスカルバート下部にはガイドを設置しています。
ベアリングの上を滑らせ所定位置に設置します。




施工実績

徳島県


業務案内

メンテナンス業務

靭性モルタルライニング工法
弾性アクリル樹脂
クリスタルストーン
ウォータージェット工法

土木工事業務

OSJ工法
ボックスベアリング横引き工法
マリンかぶせーる工法


コンクリート構造物の補修・メンテナンス
ランデス特殊工事株式会社

Copyright(C) Landes Special Construction Co., Ltd All Rights Reserved