下水道整備等で地下函渠を敷設する開削函(管)渠埋設工法 | OSJ工法
コンクリート構造物の診断・メンテナンス
TOPページ 会社案内 業務案内 メンテナンス業務 土木工事業務 施工実績 お問合せ

OSJ工法
鋼矢板に代わってシールド機(OSJ機)が土留めの役割を果たし、連続して函(管)渠(ボックスカルバート)を埋設する工法で、側面の土を反力に推進します。狭い場所でも施工が可能で、立坑が不要、作業区間も短く交通開放も早く行なえます。

特徴
1.生活環境への影響の軽減・交通障害の減少
油圧機構の採用により無振動・無騒音である。早期に埋め戻しを行い、推進ジャッキによる水平方向への締固めをくり返し行うため、均一で十分な締固めができ、周辺構造物への影響が少ない。
2.安全性の向上
開口部がOSJ機の部分だけなので、通行者や住民に対する安全性が高く、鋼製フレームに保護されたスペースでの作業により、作業者への安全も十分です。
3.広い適応性・大幅な工期の短縮
あらゆる土質条件に適応が可能であり、OSJ機の前後だけで作業を行うため、側方部の作業帯を必要とせず、狭いところでも施工できます。

施工手順
1.OSJ機の組立→OSJ機自降→立坑の築造→OSJ機据付
シールド工法・施工図
2.掘進および管渠の布設 (推進機構の詳細下)
シールド工法・施工図
3.OSJ機の自昇→OSJ機の解体・搬出
シールド工法・施工図




施工実績

愛媛県


業務案内

メンテナンス業務

靭性モルタルライニング工法
弾性アクリル樹脂
クリスタルストーン
ウォータージェット工法

土木工事業務

OSJ工法
ボックスベアリング横引き工法
マリンかぶせーる工法


コンクリート構造物の補修・メンテナンス
ランデス特殊工事株式会社

Copyright(C) Landes Special Construction Co., Ltd All Rights Reserved